2009年11月17日

水へのアクセスを拒絶されるパレスチナ人

2009年11月14日、AlJazeeraEnglish

AlJazeeraEnglish

 イスラエルは、パレスチナ人農夫の土地灌漑無効を目論み「水海賊」と呼び変える。
 西岸のパレスチナ農夫、あるいはイスラエル占領軍がそう呼びたがる「水海賊」は、農地を潅漑する水を確保する取り組みで水道から汲み上げる。
 水は、イスラエルとパレスチナの間での高まる論争の資源だ。
 アルジャジーラは、外部ウェブサイトの内容に責任がない。
 世界銀行報告は、西岸地区に沿って走る、イスラエルと(占領)地域を橋で(結ぶ)いわゆる「帯水層山」からイスラエルがパレスチナ人より4倍もの水を使っているとして非難している。
 イスラエルは、その主張に抵抗し、パレスチナ人が違法使用で資源を危難にさらすと言う。
 パレスチナ人は、土地から切り離そうと(水への)アクセスを拒絶されていると主張する。

 アルジャジーラのこの独占リポートは、イスラエル占領軍が、アル-バッカの農村で、農夫の給水管を解体しているのを見せる。
 パレスチナ農夫、バドラン・ジャベルは、アルジャジーラに語った:「わたしたちは、この全域を包囲した兵士と入植者の集団の大きさに驚いた。わたしたちは彼らに尋ねた:『何のためにこんなことをするのか? いったい何が望みなのか?』彼らは、わたしたちに話すのを拒絶した。
「兵士らと共にやってきた男が、農地を襲撃し、すべての潅漑用パイプを引き抜き、作物を破壊した」。

 イスラエルの規則がいかに多くのパレスチナ人の生活を損なうか、アルジャジーラのジャッキー・ローランドが報告する。

アーカイヴ:中東水戦争(10月29日)


posted by mizya at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。