2009年11月18日

ダブリン:パレスチナでのイスラエルのアパルトヘイトに反対して数百人が集会に出席

2009年11月15日日曜日

460_0___30_0_0_0_0_0_9_1.jpg

ダブリン、(Pal Telegraph)- 今日、2009年11月14日土曜日、何百人ものパレスチナ人と連帯活動家が、パレスチナでのイスラエルのアパルトヘイト実践に対し抗議するためダブリンに結集した。

 集会 - パレスチナ草の根反アパルトヘイト壁キャンペーンによる呼びかけの、パレスチナでのアパルトヘイト壁に反対する、2009年11月9日から16日までの、地球規模動員の国際週間の一部 - は、Freda Hughes (IPSC PRO)、Caoimhe Butterly (高名なアイルランド人権活動家)、Ger Cassidy (Viva Palestina)、Sameh Habeeb (ガザのジャーナリストで人権活動家)、 John Hurson (Where Do the Children Play?/子どもたちはどこで遊ぶ?)、Pete St. John-Jones (International Solidarity Activist in Bil'in)が参加した。
(後略)

全文:The Palestine Telegraph
posted by mizya at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック