2009年11月18日

反グローバリゼーションがガザへの大規模連帯行進を組織

2009年11月15日

ガザ、(PIC)--国際反グローバリゼーション運動は、米国のジミー・カーターと南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の参加を得て、2009年12月27日、カイロで始まりガザ回廊で終わる、大規模連帯行進を計画している。

 シオニスト・アメリカ覇権にもまた反対するこの運動は、土曜日のプレスリリースで、このイヴェントが「大きな自由」行進と呼ばれ「ガザ、世界の良心」のスローガンを伝えると語った。
 150の国際組織と人権組織が、戦争と封鎖の結果としての、ガザ回廊での人道的苦痛に光をあてることを目指し、この行進に参加すると期待されている。
 運動はまた、ハリウッドスター、様々な国からの国際的有名人や議員が、イヴェントに出席すると指摘した。

 多くの集会、平和的デモや活動が、ガザ回廊へのイスラエルの攻撃から一周年にあたり、ヨーロッパで、北米・南米で組織されるだろうと、と運動は結論した。

原文:The Palestinian Information Center
posted by mizya at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック