2009年11月19日

右翼団体がイスラエルの大学で恐れの風潮を引き起こす

ジョナサン・クック、The Electronic Intifada
2009年11月16日

 イスラエルの右翼団体は、イスラエルの大学の左翼学者の中に、米国の学術監視団体、Campus Watchの「魔女狩り」戦略を真似て、恐れの風潮を引き起こしたがっていると、イスラエルの教授たちは警告する。

 監視団体、IsraCampusとIsrael Academia Monitorは、イスラエル教授の、イスラエル・ボイコット要請が、米国の新聞で最近発表されて以降、キャンペーンを促進していると思われる。

 どちらの団体も、大学外部の寄付者、ほとんどは米国のユダヤ人に、彼らが言うところの「破壊分子」教授、イスラエル政策に対し批判的教官を承認する大学管理者に影響を与える圧力をかける方法を警告してきた。
(後略)

全文:The Electronic Intifada

アーカイヴ:イスラエル・アカデミーの「保護者」(10月25日)


posted by mizya at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。