2009年11月22日

EU:エルサレム入植地拡大でイスラエルを非難

LEIGH PHILLIPS
2009年11月19日

EUOBSERVER/ブリュッセル - 国際社会の意見を無視する東エルサレムでの入植地拡大を押し進めるというイスラエルの決定は、水曜日(11月18日)、EUに非難を引き起こした。

「ヨーロッパ連合の大統領職は、ギロの入植地拡大の最近の決定にうろたえる」と、スウェーデンEU大統領職の声明で述べた。
「大統領職は、入植活動、家屋破壊、東エルサレムでの追い立てが、国際法の下の違法と思い起こす」。

 パレスチナ自治政府が、一方的独立宣言の準備を発表した後の火曜日、エルサレム市計画委員会は、イスラエルによりエルサレムと主張される、しかし国連により、東エルサレムのイスラエル入植地と記述される、ギロにおよそ900戸の一軒家の建設計画を承認した。
 ほぼ4万人のイスラエル人が、1967年の6日戦争でイスラエルが占領し、後にエルサレムの部分として併合(を宣言)した、西岸の土地に建設されたギロに住む。
 EUは、その手段が、両者がエルサレムを首都と主張する、2つの交戦国の間での和平達成の機会を、危険にさらすと語る。
(後略)

全文:EUobserver.com

関連記事:「被占領パレスチナ:スイスがイスラエルに東エルレムのギロでの入植計画の停止を求める」ReliefWeb
     「中国:東エルサレムでの建設計画の世界の非難に加わる」Haaretz.com

アーカイヴ:900の入植ユニットを承認する一方イスラエルは家を破壊する(11月20日)

 この世界規模のイスラエル非難のコーラスに加わらないのはニッポンだけ? 


posted by mizya at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。