2009年11月22日

エルサレムにイスラエルが7つの入植計画

2009年11月20日金曜日
Saed Bannoura-- IMEMC

アル-クッズ・メディア・センターは、ベンヤミン・ネタニアフに率いられるイスラエル政府が、東エルサレムの7つの大規模入植地近隣に建設を計画していると報じた。

 センターは、政府とエルサレム市当局により準備されたイスラエルの計画は、最近公表されたギロ入植地での建設が、より大きな7つの計画のひとつに過ぎないと示すと付け加えた。
 計画は、アメリカ政府の入植活動に関わる姿勢にかまわず、和平過程への衝撃をも拒否して、出された。

入植地建設の7つの計画は以下の通り:

1. ギロ;35.000人の入植者の家屋に、900戸の新たな一戸建てが既存の800戸に加えられる。
2. Nof Tzion;水曜日に礎石を設置、既存の70戸一戸建てに107戸の戸建てが加えられる。
3. Moscowvitch入植地近隣;Jabal Al Mokabbirで、入植活動に資金提供するユダヤ人億万長者の名前を冠す。
4. 近隣1;最大のイスラエル警察を含む、3500戸の戸建て計画。
5. シェパード・ホテル;シェイフ・ジャッラで、350戸の戸建てを建設するため、その破壊を計画するイスラエル入植者により盗まれた。
6. Pisgat Zeev;東エルサレムのベイト・ハニーナ東部で、現在、家屋を12.000人の入植者へ。
7. カランディア;カランディア空港の東の大きな入植地近隣で、第1段階として80戸の戸建て建設開始。

原文:International Middle East Media Center


posted by mizya at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。