2009年11月25日

VeoliaとAlstom:イスラエルの権利違反煽動続く

Adri Nieuwhof
The Electronic Intifada
2009年11月24日

 イスラエルの違法入植地のニーズに役立つよう設計されたエルサレム軽鉄道プロジェクトから撤退を求める、高まる圧力にもかかわらず、フランスの輸送巨人、Veoliaは、次の5年間、プロジェクトに深くかかわる準備が整う。企業は、新しいイスラエルのパートナー、軽鉄道運行経験を欠く、Dan Bus社を支援する必要がある。

 10月23日、イスラエル日刊紙、Haaretzが報じたように、Danは、市と占領下西岸の強奪されたパレスチナの土地に建設された違法イスラエル入植地を結ぶ、エルサレム軽鉄道を運行するCity Pass ConsortiumとのVeoliaの契約の49パーセントの株を買った。5年間軽鉄道を運行した後、Danは、City Pass ConsortiumのVeoliaの5パーセントの株同様、30年契約の、Veoliaの51パーセントの株を買い取るだろう。

 City Pass Consortiumは、4つのイスラエル企業とフランス企業、Veolia Transportの子会社、ConnexとAlstomで構成される。Danは、この領域での経験不足で、次の5年間、首尾よく軽鉄道を運行するため、Veoliaの全面的支援を必要とする。 大株主としてVeoliaは、重要な専門技術をDanに提供し、軽鉄道プロジェクトで主要な役割を演じ続けるだろう。
(後略)

全文:The Electronic Intifada

アーカイヴ:ヴェオリアが軽鉄道プロジェクトを手放しても、キャンペーンは続く(06月16日)


posted by mizya at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。