2009年11月27日

国連報告:潜在的イスラエル入植者の暴力が25万人のパ レスチナ人を脅かす

UN News Service
2009年11月18日

 西岸の83の共同体のおよそ25万人のパレスチナ人が、違法と考える前哨基地を撤退するイスラエルの大規模な試みに対し、イスラエル入植者が着手するだろう、いわゆる「正札」報復攻撃で、高まる暴力の危険にさらされていると、国連報告は、今日、警告した。
(後略)

全文:Refworld


posted by mizya at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。