2009年11月27日

国際キャンペーンが壊滅的水事情をイスラエル占領当局の責任と考える

2009年11月23日

images_News_2009_11_23_gaza-water_300_0.jpg

ガザ、(PIC)--ガザ回廊の封鎖を挫く国際キャンペーンは、回廊のパレスチナの人々の悪化する人道と生活条件の重大性に、イスラエル占領当局(IOA)に責任があるとした。

 月曜日の声明で、キャンペーンは、アムネスティ・インタナショナルと沿岸自治体水公社による、回廊の危険な水事情の結果、ガザ市民の生活に引き起こされた実在する危険の警告を強調した。
 水施設と水質向上に必要な装備の前での、イスラエル占領当局の継続的封鎖とゲート閉鎖のために、そのような深刻な悪化に関して、国際的沈黙にそれは驚きを表明した。
(後略)

全文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:Sawasya:イスラエルの戦争がガザに環境被害を引き起こした(10月18日)


posted by mizya at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。