2009年11月29日

南アフリカ:イスラエルの東エルサレムの行為はアパルトヘイトに類似している

2009年11月26日
Raphael Ahren

 南アフリカ政府は、ギロに900戸の戸建て住宅を承認し、パレスチナ人をその東エルサレムの家から追い出しているイスラエルを非難し、イスラエルの行為をアパルトヘイト時代の「強制疎開」と比較して、常にない厳しい声明をだした。

「わたしたちは、東エルサレムのイスラエル入植地拡張が、市から本来のパレスチナ住民を追いだし、強制退去させるイスラエル・キャンペーンと対になっている事実を非難する」と声明は述べた。「南アフリカは、イスラエルによるこれらの行為が、地域に暴力の連鎖を深めることのみに役立つだけであることを深く憂慮する」。
(後略:以降はイスラエルの言い訳、根拠のないプロパガンダなので。こんなのを長々と掲載するところが、やはりHaaretz)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:国連:イスラエルのギロ入植地拡張計画を非難(11月27日)


posted by mizya at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。