2009年11月29日

イスラエル占領当局による破壊が家族207人を脅かす

2009年11月25日

被占領エルサレム、(PIC)--被占領エルサレムの南東、ジャバル・アル-ムカービルのジャアビス家は、イスラエル占領当局(IOA)が、無認可建設との口実で、実行されるなら117人の子どもを含む207人の市民をホームレスにする、53のアパートを破壊するだろうと、懸念を表明した。

 Makdesi(エルサレム住人)協会は、水曜日に声明で、従業員がその領域の現場視察を行い、懸念の件で、それら家族の一部と会ったと述べた。
 彼らは、イスラエル占領当局が支配するエルサレム自治体が、彼らに向かってくるのを恐れさせる、彼らのアパートを囲む家屋の破壊を命じた、と語った。
 彼らは、自治体が、最近、彼らの住居から150メートルも離れていない、ユダヤ人入植地に、110戸の一戸建て住宅建設を裏書きする一方、建設許可を発行するよう求める家族の依頼を、拒否したと付け加えた。

原文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:イスラエルはパレスチナ人を追い出し続ける(11月06日)


posted by mizya at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。