2009年11月30日

パレスチナ婦人発作を被る:入植者がシェイフ・ジャッラの家に侵入した後

2009年11月26日

image12-247x400.jpg
マイサとムンジャド・アル-クルドを暴力的に攻撃した入植者

 2009年11月26日木曜日午前1時、現在、シェイフ・ジャッラのガウィ家の家屋を占拠している、5人の入植者と入植者警備が、パレスチナ人、アル-クルド家に属する家の一部を接収するのを企てた。

 即刻、イスラエル警察に警報されたが、しかしながら、彼らが到着する前に、入植者らは、家に住むパレスチナ人を攻撃し始めた。1人の入植者が、暴力的にアル-クルド家のひとり、マイサを壁に押し付け、その後彼女の息子、ムンジャドの襟をわしづかんだ。彼ら(警察)が到着して、家の法的地位に関し、アル-クルド家との長い議論の後、イスラエル警察は不承不承、入植者らを外に連れ出した。

 暴動の結果、レフカ・クルド、85歳は、発作を被り、病院に運ばれたが安定している。
(後略:読み進めると、アル-クルド家に押し入ったこの入植者らが、警察にアル-クルドに乱暴されたと訴え出ている。だって場所はアル-クルド家、そんな訴えが受理される筈はないと、思えないところがイスラエル警察。イスラエルは、占領地を建設してはギャング集団を送り込んでいるようなもの。あまりに悪辣なので、この入植者の写真貼付)

全文:International Solidarity Movement

関連記事:「入植者らがエルサレムのアル-クルドの家を占拠しようとした」The Palestinian Information Center

アーカイヴ:抗議の人びとが入植者に議論のシェイフ・ジャッラの家からの撤退を要請(11月10日)


posted by mizya at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。