2009年11月30日

観光省:凍結にも関わらず西岸開発を続けると誓う

2009年11月28日
Haaretz

 観光大臣、Stas Misezhnikov(我が家イスラエル党)は、土曜日、入植地建設を一時凍結する内閣決定にも関わらず、彼の省が、西岸の観光地開発を続けると語った。

 Holonでのイヴェントでの談話で、Misezhnikovは、観光省が3つの主要な場所:グッシュ・エツィオンのヘロディウム、マアレ・アドゥミムのカスル・アル・ヤフーダ、アリエルの鍾乳洞に焦点を合わたと語った。
(後略:開発をしたからといってイスラエルの土地になる訳ではない)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。