2009年12月03日

報告:禁止令にもかかわらずネタニアフが25の新たな入植者家屋を承認

2009年12月01日火曜日

ベツレヘム - Ma’an - イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフは、最近宣言された一時的禁止にも関わらず、月曜日、西岸入植地に25戸の新たな住宅建設を許可する指示を出した。

 イスラエル新聞、Yedioth Ahronothのウェブサイトによると、ネタニアフは、国防相、エフード・バラクとの電話で命じた。
 命令は、25戸が建設されることになっていた、エルサレムの東、Qedar入植地に住む入植者らからの要請への返答だったと、報告は述べる。
 ネタニアフの報道官、Mark Regevは、一時停止が宣言される前に、基礎が築かれたので、建築は許可されたとMa’anに語った。
(後略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「ネタニアフ:入植地凍結は『1回だけ』の措置」Ma'an News Agency
2009年12月01日火曜日
ベツレヘム - Ma'an - イスラエルメディア報道によれば、イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフは、火曜日、西岸入植地建設の現在の10カ月の停止が、事実上「1回だけの一時的な」停止にすぎないと発表した。


posted by mizya at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。