2009年12月03日

Haaretz独占:エルサレム分割に関するEU草稿文書

2009年12月02日

Barak Ravid
Haaretz

現在のEU大統領、スウェーデンは、組織体が、東エルサレムをパレスチナの首都と承認するよう提言した。

 輪番のヨーロッパ連合大統領職の現在の保持者、スウェーデンは、イスラエルと来るパレスチナ国家での、エルサレムの分割を求め、EUが一方的パレスチナ国家宣言を承認するだろうと暗示する草稿文書を纏めた。

 Haaretzは、そのような動きは中東和平プロセスを更新する機会に害を及ぼすと主張するイスラエルによる批判を引き起こした文書を一部入手した。
(後略:草稿文書は原文で)

全文:Haaretz.com

関連記事:「イスラエルがエルサレムを分割するヨーロッパ連合の計画を拒絶」The Christian Science Monitor
Ilene R.Prusher/2009年12月01日版
イスラエル外務省は、東エルサレムを最終的パレスチナの首都する、エルサレムを分割するスウェーデン主導のイニシアチヴが、和平を育てるヨーロッパ連合の能力を軽んじるものと語った。


posted by mizya at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。