2009年12月06日

EU報告:イスラエルが不法に東エルサレムを併合する

Philippe Agret
2009年12月03日木曜日

エルサレム (AFP) - 木曜日、AFPが入手した機密報告で、ヨーロッパ連合は、アラブの東エルサレム併合を積極的に続行し、パレスチナとの和平の望み削り取っていると、イスラエルを告発した。

 EUエルサレム使節代表により作成された年次報告は、ユダヤ人入植地の拡張と、東エルサレムのパレスチナ人家屋破壊を含む、2009年の入り組んだ政策の実施で、イスラエルを告発した。
「2009年の東エルサレムでの開発は、継続的なイスラエル入植地の拡張、無視できない数のパレスチナ人家屋破壊と追い立て命令により記録された」と、イスラエルのリベラル(賛否両論あると思う)なHaaretz紙により最初に発表された報告で述べた。
(後略)

全文:Yahoo! news

アーカイヴ:Haaretz独占:エルサレム分割に関するEU草稿文書(12月03日)


posted by mizya at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。