2009年12月11日

イスラエルはパレスチナ人の基本的人権を否定し続ける

Source: Al-Dameer Association for Human Rights; Al Mezan Center for Human Rights; Palestinian Centre for Human Rights (PCHR)
2009年12月09日

 12月10日、世界は、国連総会による世界人権宣言(UDHR)採択を記念する第61回国際人権デーを祝う。 今年、国際人権デーは、非差別、とりわけ世界人権宣言第1条に込められた権利に焦点を合わせるだろう:

すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利において平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない

 しかしながら、世界人権宣言採択から61年後、イスラエルは、明確に差別政策を遂行し続け、パレスチナ人の人権への違反は、持続し拡大してきた。
(後略:長いので)

全文:ReliefWeb


posted by mizya at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。