2009年12月11日

イスラエル国防軍:Psagot入植地の安全確保を停止

来週は、彼ら自身でパレスチナ隣人を処理する住民を残して、ラマッラと西岸入植地の間に駐留していた予備隊の移動を見るだろう。Psagot住民は怒り狂い、国防相、エフード・バラクが彼らを捨てたと語る

Efrat Weiss
2009年12月09日

 Psagot入植地住民は、この何年か、相対的平穏の中に生活してきた。アル・アクサー・インティファーダの当初、ラマッラの隣に位置する(と言っても、隣に、それもパレスチナ人の土地に乗り込んできたのだから... )共同体(入植地)は、地域に住むパレスチナ人からの攻撃を被った。その領域(入植地)に平和を取り戻すため(と言っても、入植地という暴力を被ったのはパレスチナ人なのだから... )、イスラエル国防軍は、共同体(入植地)の安全確保に予備役兵中隊の駐留を決定した。

 いかなる他の一団が代わることもなく、中隊が1週間でその地を離れるだろうとの、Binyamin師団指揮官、Aviv Reshef大佐による発表で、Psagot住民(入植者)は、今や、彼ら共同体(入植地)での治安悪化を恐れる。

 Mateh Binyamin地域議会公安官、Avigdor Shatzは、その処置は、居住者(入植者)の生活への現実の脅威を構成するとYnetに語った。「そのような処置の意味するところは、ラマッラの敵対的(占領者と被占領者、敵対的行為を仕掛けているのは、もちろん、占領者側)パレスチナ集団との摩擦の非常に深刻な場所に位置する共同体(入植地)が、それ(って、ラマッラのパレスチナ住民のこと?)と入植地住民を分離する重要な軍事力なしで残される。近年の相対的平穏にもかかわらず、町の発砲事件は毎日記録される」。
(後略:このライターはシオニストかもしれない。使うことばに常に注釈が必要と思われるので、ここまで)

全文:Ynet news

 入植地に住んで占領軍の保護が必要な「相対的」平和を享受するより、「絶対的」平和の享受に何が必要か考える方が懸命。


posted by mizya at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。