2009年12月13日

親入植デモ参加者がネタニアフを糾弾

2009年12月10日木曜日

エルサレム - 何万人ものイスラエル人が、水曜日、西エルサレムで、パレスチナ領域、西岸に、入植地の一層の拡大を支持するデモを開催した。
(後略)

全文とデモ画像5枚:Ma'an News Agency

関連記事:「イスラエル:ネタニアフは抗議の後入植者に利益パッケージを支持」The Christian Science Monitor
1万人の入植者と支持者が昨夜、イスラエルで抗議行動した後、ベンヤミン・ネタニアフ首相は、彼らへの慰めに減税と諸手当を申し出た。しかし、皆を喜ばせるための彼の努力は裏目に出るかもしれない。

ORALLY_P1.jpg_full_380.jpgSebastian Scheiner/AP
イスラエル右翼活動家らは、首相住居前での集会で、西岸イスラエル入植地建設凍結という政府決定に反対のサインを掲げる、エルサレム、水曜日

アーカイヴ:ネタニアフ:孤立している西岸入植地への手当拡大(12月11日)


posted by mizya at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。