2009年12月14日

西岸のモスクに放火

BBC News
2009年12月11日金曜日

_46900416_yasufap466.jpg
パレスチナ人がヤスーフ・モスクで火災損傷を視察

イスラエル占領下西岸北部の村のモスクが、放火事件で損傷を被った。

 攻撃者らは、モスクの書棚とカーペットの広い領域に放火し、壁にはヘブライ語の落書きをスプレーした。
 ヤスーフ村のパレスチナ住民は、攻撃を調査するイスラエル兵らと衝突した。 目撃者は、入植者らに責任があると語った。

 ユダヤ人入植者らによるパレスチナ攻撃は増加している。 多くの事件がヴィデオに撮られてきた。

 ヤスーフのモスクの壁に吹きつけられたスローガンのひとつは「代価を払う準備をしろ」と読めると、イスラエル公共ラジオは報じた。もうひとつは、「俺たちはお前ら全部燃やしてやる」と読めた。
 ある強硬派入植者らは、ユダヤ人入植地を脅かすと彼らが考えるいかなるイスラエル政府の措置にも、報復として、パレスチナ人を攻撃する「正札」政策を主張する。
(後略)

全文:BBC News

関連記事:「入植者らモスク放火後の衝突」Ma'an News Agency

 イスラエルの入植政策の行き着くところはこんなもの、入植者らの「正札」攻撃を見逃してきた結果のエスカレートで、イスラエルへの非難はますます高まるだろう。別の記事によると、放火犯は、アメリカ人入植者ふたりらしい。

アーカイヴ:国連報告:潜在的イスラエル入植者の暴力が25万人のパレスチナ人を脅かす(11月27日)


posted by mizya at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。