2009年12月22日

イスラエルが90年代許可なしで臓器採取

エルサレム - イスラエルは、1990年代に、法病理学者が、パレスチナ人を含む遺体から、家族の許可なしに臓器を採取したことを認めた。

 問題は、イスラエルのアブ・カビル法廷研究所の当時のトップ、Jehuda Hiss博士とのインタヴュの公表で明らかとなった。インタヴュは、2000年に、この夏のイスラエルが臓器採取のためパレスチナ人を殺したとする、スウェーデン新聞による申し立てに関する巨大な論争故、これを公開したあるアメリカ大学人により行われた。イスラエルはこの非難を激しく否定した。
(後略)

全文:Yahoo! news

アーカイヴ:新たな「血の中傷」? イスラエルの臓器採取(09月01日)


posted by mizya at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。