2009年12月30日

ガザ支援コンヴォイがコース変更

2009年12月29日

2009122815404472734_5.jpg
エジプトが嘘と当惑させる試みとフランスのデモ参加者を非難 [AFP]

 ガザへの到達を模索していたViva Palestina支援コンヴォイ主催者は、シリア経由でエジプトに向かうことに同意した。

 合意は、トルコの仲介者と、ヨルダンの紅海の港、アカバのエジプト領事との交渉で到達した。

 コンヴォイは、今からシリアの港、ラタキアに向かい、そこからエジプトの港、アリーシ、そしてガザに向かう。
(後略)

全文:AlJazeera.net

アーカイヴ:エジプトに阻まれギャロウェイ・グループはハンガー・ストライキ(12月28日)

「嘘と当惑させる試み」はエジプト政府のこと、コンヴォイの250台の車輌がシナイ半島を通過することが、エジプトの安全を脅かすと繰り返していたが、軍隊の車輌でない、民間の、ガザ住民に寄付される車輌なのだ、詭弁も程々に。

追記:関連記事:The Palestine Chronicle

img_ca49b65965_viva_detour_ship_jazeera.JPG.jpg
(青線:エジプトが拒絶した支援コンヴォイ予定ルート、結局、赤線と海路の大回りを行く)


posted by mizya at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。