2009年12月31日

ピンクフロイドのロジャー・ウォターズがガザ自由行進参加者に親善メッセージ

 わたしはロジャー・ウォターズ、米国に住むイギリス人ミュージシャンです。 わたしは、エジプトに集まり、ガザ自由行進を準備している、世界中の異なる42の国からの1360人の男女への、わたしの大いなる賞賛と連帯を表明するため書いています。わたしたちはみな、1年前にガザの人びとになされた、イスラエル軍隊による、がく然とする悪質な攻撃と、続く違法な封鎖を見ました。(中略)

(中略) 中東のすべてのオイルをもってしても、ひとりの子どもの命に値しません。ですから、行進するみなさんに、わたしは脱帽します。みなさんがなさることは、勇敢で気高く、目的地に到達したなら、どうかわたしたちパレスチナの兄弟姉妹に、伝えてください:ここに、獄舎の壁を越えて、共に連帯する何十万人もがいると。今日の何十万人は、明日、数百万人となり、すぐに、何億人に。 わたしたちは圧倒するでしょう。

ロジャー・ウォターズ

全文:Intifada

アーカイヴ:『壁で囲まれた地平線』- 語り:ロジャー・ウォター(08月29日)


posted by mizya at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。