2009年12月31日

Al-Maqdesee:イスラエルが2009年にパレスチナ家屋130戸以上を破壊

2009年12月30日

被占領エルサレム、(PIC)-- Al-Maqdesee社会促進組織は、火曜日、2009年に、イスラエルが、被占領エルサレムの東地域で、130戸以上のパレスチナ家屋を破壊したと、今年、昨年と比べ破壊された家屋の数の著しい上昇を見たと特記して、報告した。

 プレスリリースで、23戸の家屋所有者が、イスラエル占領当局(IOA)による強制で、彼らがそうしなかった場合のイスラエルの罰則措置を避けるため、自らの家屋を自身で破壊したと、組織は付け加えた。

 これら家屋の破壊は、エルサレムから、281人の子どもたちを含む569人以上のパレスチナ人排除につながったことに注意を喚起した。
(後略)

全文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:EU報告:イスラエルが不法に東エルサレムを併合する(12月06日)


posted by mizya at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。