2010年01月03日

Mazuzの送別決定:「ジェニン、ジェニン」監督は告発されるか?

2009年12月31日
Tomer Zarchin

 俳優で監督のモハメド・バクリが、彼の論議を呼んだ映画「ジェニン、ジェニン」で、告発されるべきか否かに関係なく、Menachem Mazuz司法長官は、来月遅く降りる前に、無視できない表現の自由論争を再び刺激しそうな事件に判決すると予想される。

 今週の月曜日、Mazuzは、国家検察官、Moshe Lador;イスラエル国防軍戦車隊チーフ、Agai Yehezkel准将;2002年4月の防衛の盾作戦で、ジェニン難民キャンプで闘った兵士代表; 闘いで殺された兵士の家族らとの特別会合を持った。

 兵士と遺族らは、Mazuzが、名誉毀損に対し、法に基づく彼の権威を使用し、映画が、作戦でイスラエル国防軍が戦争犯罪を犯したと告発するバクリに対し、刑事責任をもたらすよう要求する、Navot Tel-Tzur弁護士により代理をされた。

 Mazuzと死んだ兵士の家族との会合は緊張をはらんだ。家族のそれぞれが順番に話し、Mazuzは聴いた。

「あなたが、バクリに対する告訴を迫るのを避けるなら、(それは)市民として、兵士として、我らの戦闘が純粋であろうと、我らの行動が損なわれようと、法的調査を行う我らの権利を妨げ、拒絶することを意味する」と退役軍人のひとり、Israel Caspiは、Mazuzに語った。「あなたは、我らの疑いを晴らす最終的依頼を否定できない」と、彼は付け加えた。

 会合に参加した中に、難民キャンプでの戦闘で、息子、Eyalが殺されたShlomo Azuriがいた。

 水曜日、彼はHaaretzに「兵士たちの名前は、潔白にされる必要がある。13人の兵士らは殺された、それというのも、正しいことをしようと望んだばかりに。この映画は嘘で満ちている。彼らは兵士の名前を傷つけ、その死に泥を塗る。Mazuzは我々を支持した。 彼は、我々が正しいが、法的限界があると語った。偽りのための表現の自由などあり得る筈がない」と、語った。
(後略)

全文:Haaretz.com

 イスラエル軍によるジェニン侵攻、虐殺の後、国連調査団が派遣されたがイスラエルは調査団の入国を拒否した。それほど「潔白」を信じるなら拒否することもなかったろうに。ジェニンでの調査不能が、ガザ侵攻へのゴールドストーン調査団に繋がったと思う。イスラエルの拒否ということでは、ガザも同じだったのだから。
 イスラエルは「ゴールドストーン報告」をも、「嘘で固めた」と拒否しているが、「ジェニン、ジェニン」の拒否も、同じレベル、事実から目をそらしたいだけなのだ。
「嘘で固めた」ばっかり、イスラエルの拒絶はワンパターンだから、まあ、それしか言いようがないのだろう。


posted by mizya at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。