2010年01月04日

調査員:ガザでの戦争犯罪で米国製兵器使用

2010年01月01日

Researchers: Erin Galbraith and Curtis Harrison
Faculty Evaluators: Andy Merrifield, PhD, Cynthia Boaz, PhD, and David McCuan, PhD Sonoma State University

 イスラエルの、最新の軍事行動で、ガザ人口密集地域に繰り返された米国製白リン弾の砲撃は、無差別であり、戦争犯罪の証拠と、ヒューマン・ライツ・ウオッチは、2009年3月25日に発表された報告で述べた。

 71ページの報告書、『火の雨:イスラエルによるガザでの白リン弾不法使用』は、白リン弾薬が、ガザの市民と市民財産に及ぼした圧倒的効果の目撃者の記述を提供する。ヒューマン・ライツ・ウオッチ調査員たちは、1月に終わった戦争行為の直後のガザで、破裂弾、キャニスターライナー、白リンを含む焦げたフェルト詰め物を、市の通りで、アパートの屋上で、住居の中庭で、国連学校で見つけた。
(後略:面白いけど長い)

全文:Sabbah report

アーカイヴ:ガザでのイスラエル戦争犯罪(2009年03月25日)


posted by mizya at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。