2010年01月07日

イスラエル占領当局が10年間でほぼ1,000戸のパレスチナ家屋を破壊

2010年01月04日

ナブルス、(PIC)-- イスラエル占領当局(IOA)は、2000年1月1日から2009年12月31日までの期間に、西岸で、969戸のパレスチナ家屋を破壊したと、土地リサーチ・センターが、日曜日、報告で述べた。

 それは、2009年の破壊が、296人の子どもを含む、560人のパレスチナ人をホームレスにしたと付け加えた。
 報告は、2月、10月、11月が、破壊の最も高い率を証明したと特記した。

 センターは、イスラエル占領当局が、エルサレムでの民族浄化に向かい到達する、パレスチナ人の住居からの強制追い立てを標的とすると、告発した。
 それは、イスラエルが、1948年、パレスチナの土地での不法な創設以来、531の町村を破壊し、80万4766人の市民を強制退去させたことを、そのような慣例を戦争犯罪として記述し、思い起こさせた。

 センターは、国際社会に、イスラエルの戦争犯罪に直面するパレスチナの人びとに国際的保護を提供するよう求めた。

原文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。