2010年01月13日

活動家:軍がヘブロン近くで植樹を妨げる

2010年01月11日月曜日

ヘブロン - Ma'an - 伝えられるところによれば、イスラエル軍は、月曜日、ヘブロンに近いベイト・ウンマル村のAbu Ar-Rish地区で、パレスチナ農夫が1,500株のオリーヴを植栽するのを妨げた。

「パレスチナ農夫が、彼らの土地で働くことを許すとのイスラエル裁判所の決定にもかかわらず、イスラエル軍は、今日、農夫が(オリーヴを)植えるのを禁止した」と、パレスチナ連帯プロジェクトの報道官、ムハマド・アワドは語った。「軍は、そこが軍事閉鎖地区と言った」と、アワドは語った。

 報道官は、イスラエル軍がスタン弾を使用し、問題の農地に通じる地域を閉鎖したとき、ジャーナリスト4人とアメリカ人活動家3人が拘留されたと付け加えた。

 イスラエル軍報道官は、事件をまったく知らないと語った。

原文:Ma'an News Agency

 イスラエル軍による「軍事閉鎖地区」は恣意的なもので、農夫たちが植栽を始めようとすると、そこが急遽「軍事閉鎖地区」に指定される。現場での対応だから、もちろん、イスラエル軍報道官は知らない。
 YWCAとYMCAの共同事業、オリーヴ植樹キャンペーンの去年の植樹プログラムでも、軍は植樹を妨げるため「軍事閉鎖地区」と言ってきた。「軍事閉鎖地区」指定されたのは、その日だった。『2009年オリーヴ植樹プログラム-8』参照


posted by mizya at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。