2010年01月15日

ボーノ:パレスチナの監視ラインを遮らないで

イスラエルへの学術・文化ボイコット・パレスチナ・キャンペーンによる公開書簡
2010年01月13日

以下は、イスラエルへの学術・文化ボイコット・パレスチナ・キャンペーンにより発行された公開書簡:

親愛なるボーノ

 イスラエルへの学術・文化ボイコット・パレスチナ・キャンペーン(PACBI)は、あなたが、来たる夏、イスラエルでコンサートする予定と知って、深く妨げられた。2年前、あなたは、イスラエル大統領、シモン・ペレスに、イスラエルでの、薬品・科学・保存へのイスラエルの貢献を記す会議に出席するよう招待された;わたしたちは、その時、地球的不平等問題に関する著名な活動家としての、また基本的人権運動家としてのあなたに、イスラエルに「ノー」と言うよう、ことさら、招待が、国家設立60周年を記す祝賀と同時に起こる(と知って)以来、促した。あなたは、その時、イスラエルに行かなかった;わたしたちは、今、あなたに、植民地主義とアパルトヘイトの最も致命的形態を実施する国家に正当性を与えないよう要請する。

(後略:長いので)

全文:The Electronic Intifada


posted by mizya at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。