2010年01月18日

Ma'an記者トップの拘留に非難

2010年01月15日金曜日

ベツレヘム - Ma'an - イスラエル当局が、今週末、Ma'an News Agencyの英語編集主幹を追放する準備をしたとして、メディアの権利集団は、出版の自由に対する攻撃と、彼の進行中の拘留を非難した。

 ジャレッド・マルスンは、元々、木曜日の朝、聴聞会なしで強制送還される予定だった。テルアヴィヴの米国当局による抗議が、一時的反転をもたらし、Ma'anによる差し止め命令の提出で、少なくても日曜日まで追放を遅らせた。

 国境なき記者団は、「過去2年間にわたり、独立系パレスチナ通信社、Ma'anの編集者として仕事をしてきた、米国人ジャーナリスト、ジャレッド・マルスンの拘留と差し迫る追放を非難する」、集団は、水曜日、記者団と他が、Ma'anの英語編集主任のトップ・ジャーナリストのために発行するだろう多くの内の最初の声明で述べた。

 世界中で出版の自由を監視する、ニューヨークを拠点とするジャーナリスト保護委員会は、イスラエルに、仕事の特定の内容でリポーターに対し処罰行為を取るのを控えるよう促した。「イスラエルは、ただ、当局が好まない編集方針を維持したジャーナリストを外すために、安全の口実の陰に隠れることはできない」と、委員会は語った。

(後略)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:イスラエル:ガザ戦争以後のメディア規制で報道の自由の低い格付け(2009年10月23日)


posted by mizya at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。