2010年01月22日

拘束のアメリカ人ジャーナリストがイスラエルを離れる選択

2009年01月20日水曜日

エルサレム - パレスチナ通信社で働くアメリカ人ジャーナリストは、1週間拘束され、強制送還の危険にさらされた後、水曜日、自発的にイスラエルを離れたと、彼の弁護士は語った。

 カストロ・ダウードは、彼のクライアント、ジャレッド・マルスンが、「最早、拘留状態を我慢できなかった」ので、離れることを選んだと語った。

 同僚によると、マルスンの父親はユダヤ人だ。彼は、先週、プラハからのフライトで到着した後、イスラエル国際空港で拘束された。彼は、イスラエル入国理由での虚偽で、また、過去の訪問でヴィザの期間を越える滞在を繰り返したとして告発された。

(後略)

全文:Yahoo! news

アーカイヴ:IFJは「報道の自由へのこの堪え難い暴力」を非難する(01月18日)

 イスラエル入国ヴィザ申請の時はいつも「観光」とする。被占領地での展覧会のためだとしても、それでヴィザが発行される可能性はないのだから「観光」とするしかない、「虚偽」と言われようとも。


posted by mizya at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。