2010年01月22日

イスラエルがNGOスタッフの労働許可保留

2010年01月20日
アミラ・ハス

 内務省が、東エルサレムを含むパレスチナ地域で運営する、ほとんどの国際的非政府組織で働く外国人に労働許可を認めるのを止めたと、Haaretzは知った。

 1967年以来の規定の明白な保留で、省は、現在、NGOスタッフに、労働を禁じる観光ヴィザのみを与えている。

 この明白な政策変更で影響を受ける組織は、Oxfam、Save the Children、国境なき医師団、テールデゾム、Handicap International、the Religious Society of Friends(クエーカー組織)を含む。

(後略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「人道組織スタッフのイスラエルヴィザ制度変更」The Alternative Information Center
2010年01月19日火曜日
Association For International Development Agencies (AIDA)
NGO必読


posted by mizya at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。