2010年01月22日

Rejoub:和解に達するなら封鎖するとワシントンがファタハを脅迫

2010年01月20日

チュニス、(PIC)--米国政権が、ハマース組織との和解合意に署名するなら封鎖に直面するだろうと、ファタハ党派を脅迫したと、ファタハ中央委員会の副事務局長、ジブリール・アル-レジューブは明かした。

 彼は、火曜日発行のチュニジア日刊紙、アッサバに、アメリカの脅迫は、国家対話会期中、表明されたと告げた。

 ガザのパレスチナ首相でハマース指導者、イスマイル・ハニーヤは、火曜日、TV放送されたインタヴュで、パレスチナが、外国からの圧力や命令から自由になる時まで、パレスチナの和解にいかなる成功も考えられないと語った。

 彼は、アル・クッズTVネットワークに、彼の組織が、過去の失敗の再発の僅かの余地もない包括的合意を望んでいたと語った。

原文:The Palestinian Information Center

 パレスチナ人の殆ども、パレスチナを支援する人びとも、自治政府とハマースの対立など望んでいないばかりか、分裂状態にあるより力を合わせて占領に立ち向かって欲しいと願っている。分裂は、イスラエルを喜ばすだけと思っていたが、なるほど、米国が「分裂」をイスラエルのために維持したがっていると暴露されたのだ。すると、自治政府とハマースを批判する根拠をわたしたちは失う。もっとイスラエルに、もっとアメリカに、圧力を。
 こんなアメリカの植民地だなんて、ニッポンジンでいるのも相当恥ずかしい。


posted by mizya at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。