2010年01月23日

何故ガザ住民はモップを得ることができ、酢を得ることはできないのか?

2010年01月21日
DAN IZENBERG

 何故、イスラエルは、ガザ回廊に小麦粉を許し、酢とコリアンダーを禁止するのか? 何故、2カ月前突然に、おしめ、モップ、ブラックペッパー、セイヴォリー(香辛料)を輸入禁止から外したのか? 靴と子どものおもちゃのガザ搬入を妨げることが、どのようにイスラエルの安全を高めるのか? これらは、人権組織、ギシャ移動の自由法律センターが、水曜日に、テルアヴィヴ地方裁判所による木曜日の決定に引き続き、回答を受け取ることを希望していると語った質問のいくつかである。

 裁判所は、情報自由法に基づき、原告による要求の資料を作成するか、あるいは、何故それをするのを拒絶するのか説明するため、国家に、30日間を与えた。

(後略)

全文:The Jerusalem Post

アーカイヴ:UNRWA職員:ガザへの文具許可を拒絶するイスラエルの不合理(2009年10月24日)

「情報自由法」で思い出した、この国にもあったっけ、「情報公開法」。この法律を使えば年金基金の出資先を「公開」してくれるのかしら。


posted by mizya at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。