2010年01月24日

レバノン活動家がエジプトの「恥辱の壁」を標的にキャンペーンを開始

Ahmed Moor
The Electronic Intifada
2010年01月21日

DSC_0325.jpg
エジプトがガザとの境界沿いに地中壁建設中 (The Electronic Intifada)

 レバノンのベイルートを拠点とする、新たに形成された活動家運動、恥辱の壁を止めるキャンペーンは、今朝、エジプト-ガザ国境に沿った地下鋼鉄壁建設で、アラブ請負建設会社の役割について公表するため、記者会見を開催した。

(中略)

 鋼鉄壁組み立てでの、アラブ請負い業者の主張される役割は、最初に、アル-ジャジーラとエジプト人ジャーナリスト、リーナ・アッターラにより報告された。地元筋は、名前によりそのエジプト企業を特定した。BBCによると、壁の鋼鉄パネルは、米国で設計され、製造された。 報道はまた、壁建設にフランス人技術者が関係しているとした。

(後略)

全文:The Electronic Intifada

関連記事:「レバノンのエジプトによるガザ障壁抗議行動で少なくとも3人が負傷」Haaretz.com
2010年01月23日
Haaretz/AP通信
 警察と、エジプトのガザとの障壁建設に抗議して、ベイルートのエジプト大使館前に集まった投石デモンストレーターとの間の衝突で、少なくとも3人が、負傷した。

アーカイヴ:レバノン人がエジプトのガザ障壁に抗議行動(01月18日)


posted by mizya at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。