2010年01月26日

シェイフ・ジャッラ:入植者らが尿入り瓶を投げ、活動家が逮捕された

2010年01月24日
International Solidarity Movement

 1月22日木曜日、ガウィ家とアル-クルド家の住居を占拠している入植者らは、追い立てられたパレスチナ人と連帯活動家たちを、暴力的応答で苦しめ、挑発を企てている、と報じられている。他の入植者らは、彼らの挑発へのどんな応答も記録する準備で、撮影設備を持って傍に立っていた。夜のやじりは、マルワン・アブ・アッサビールの逮捕をもたらした。 アッサビールはその夜遅く解放された。

 地区住民の入植者ハラスメントは続き、夜中、アル-クルドのテントから、椅子4脚が入植者らに盗まれた。ここ2週間で、彼らは、テントから、ISMメンバーの靴と棚をも盗んだ。木曜日夜の窃盗は、警察に通報されたが、何もなされなかった。

 金曜日の朝、アル-クルドの家の(に住み着いた)若い入植者少年は、家からアル-クルドのテントに向けて瓶を投げた。近くで撮影していた連帯活動家に向けられた瓶には、尿が入っていた。

(後略)

全文:International Solidarity Movement

アーカイヴ:シェイフ・ジャッラとナビ・サラで(01月25日)

 ヘブロンでも旧市街の上の階に住み着いた入植者らは、ゴミだの尿だのを窓から投げ捨てるから、ヘブロンの旧市街の路地には金網が張ってある。精神と行動は見合っているというか、どちらも汚い。


posted by mizya at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。