2010年01月27日

ガザ戦争ドキュメンタリ『象を撃つ』の地球規模上映

2010年01月22日金曜日
Ayesha Saldanha

『象を撃つ』は、1年前の戦争中、ガザで撮られた、スペイン人、アルベルト・アルセとパレスチナ人、ムハマド・ルジャイラによるドキュメンタリである。戦争が終わって一周年を記すため、Creative Commonsライセンス(創造的共同使用認可?)の下、発表された映画は、世界中で特別上映された。

Part 1

Part 2

Part 3

 映像画面をクリックするとYouTubeの大きい画面で観ることができる。YouTubeに、Part 17まである中の最初の3つを掲載した。エンディング、Part 17の最後の画面が、アーカイヴのインタヴュ記事に使っている画像、パレスチナ救命士の遺体の写真だ。戦争のドキュメンタリにも関わらず、カメラワークが美しいので、カメラをまわし始めたときからドキュメンタリ制作を意図していたに違いない、いや、映画監督がカメラをまわすなら、ドキュメンタリは前提だったに違いない。

(後略)

全文:Global Voices

アーカイヴ:インタヴュー:「わたしの映画はあなたをガザの現実の一部とする」(2009年11月18日)


posted by mizya at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | documentary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。