2010年01月27日

ニリーンの写真がオランダのコンテストでトップ賞受賞

2010年01月25日月曜日

ベツレヘム - Ma'an - オランダ人写真家が、西岸の村、ニリーンでの週1回集会、イスラエルの分離壁に反対するデモンストレーションの写真で、海外ニュース部門で、シルヴァー・カメラ賞を獲得した。

 賞は、オランダでの報道写真の主要な賞と広く考えられている。

 写真家、Cris Toala Olivaresは、例年のオリーヴ収穫のため西岸にいた2009年10月に写真を取った。彼は、何十もの催涙ガス弾が、ニリーンのオリーヴ林のパレスチナ人に向け撃たれた瞬間を捕らえた。

 元来はエクアドルからのオランダ市民、Olivaresは、2009年1月、ガザ回廊をも訪れ、冬を通した、沿岸飛び地に対するイスラエルの攻撃の間、写真のシリーズを制作した。

原文と受賞写真:Ma'an News Agency

 受賞写真は購入したいと思うほど美しい。貼付けできないので是非原文にアクセスを。


posted by mizya at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック