2010年01月28日

レバノンのパレスチナ難民の市民権を支持する請願に署名を

2010年01月24日

この請願に署名し、流布してください! それは革新的な対のイニシアティヴにかかわります。 それぞれの署名者は、レバノンのパレスチナ難民キャンプに住むひとと対になるでしょう。それぞれの難民と個人的な対を保証する、求められる署名者の数は、43万3000人です。レバノンを統治する人たちと、難民キャンプに生きる人びとに意見を述べてください。 どんな難民にも市民権を否定すべきではありません!

(請願書の翻訳省略)

To: The Cabinet and Parliament of Lebanon;

Secondary only to ending the siege of Gaza and achieving Statehood, the enactment of the basic civil right to work and to own a home for the hundreds of thousands of Palestinian Refugees living in squalor in Lebanon is perhaps the most critical and immediately achievable goal of the Palestinian resistance and the ideals enshrined in the 1948 Universal Declaration of Human Rights.

Friends of Palestine and supporters of basic civil rights, wherever they live, can help this happen without violence or martyrs by signing and distributing the Online Petition and by twinning with a Palestinian Refugee in Lebanon.

The Palestine Civil Rights Campaign-Lebanon and the Sabra Shatila Foundation Beirut, Lebanon-Washington DC.

We the undersigned from many countries, mindful of the urgent need for equal human rights for our Palestinian Refugee sisters and brothers in Lebanon in their Civil, Political, Social and Economic dimensions, herewith signify our solidarity with Lebanon as this great country nobly corrects six decades of injustices by enacting civil rights legislation for her guests from Palestine.

Affixing my name to this petition expresses my wish to personally "twin" in solidarity with one of Lebanon's Palestinian refugees as they and their Lebanese hosts continue to work and prepare for their Return.

Sincerely, (signed)

PLEASE SIGN HERE!
ここで署名を!
http://www.petitiononline.com/ssfpcrc/petition.html

原文所在:Al-Manaru TV

 わたしの署名が800番台、433,000人にはまだほど遠い。わたしが対と勝手に考えるのは、アイネルヘルウェに住む少年、いや、もうれっきとした青年に違いない。サブラ・シャティーラの虐殺で家族のすべてが殺され、生まれたばかりの赤児が、息絶えた母親の腕の中で生きて発見された。とすると、彼は最早30に近いのだ。


posted by mizya at 01:06| Comment(2) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レバノンのパレスチナ難民の市民権を支持する請願に署名しました。
私で1332番目でした。
まだまだ、足りません。

レバノンに生きるパレスチナ難民に市民権を!写真でみるシャティーラ難民キャンプ虐殺から30年近く経ちました。以来、彼らの痛みは現実のものとして、継続しています。「痛み」を想像して、ぜひ署名してください。
Posted by 吉川晶子 at 2010年02月02日 00:09
吉川さん
署名とコメント、ありがとうございます。
433,000人のうちの3,000人までもまだ届いていないのですね。せめて職業選択の自由ぐらい、レバノン政府に認めてもらいたいと思うのですが...
Posted by mizya at 2010年02月02日 23:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。