2010年01月30日

オスマン:パレスチナ自治政府がEUにガザ発電所の燃料代金支払いを止めるよう要請した

2010年01月27日

ガザ、(PIC)--ヨーロッパ委員会報道官、シャディ・オスマンは、ヨーロッパ組合が、ガザ発電所運営に使われる燃料出荷請求の支払いを止めたのは、ラマッラのパレスチナ自治政府の要請によるものとの明かした。

 オスマンは、パレスチナ自治政府とEUの官僚が、去年の11月、パレスチナ自治政府が、燃料よりむしろ公務員の給料支払いと社会扶助に使用される資金を要請したとき、資金の優先順位を議論するため会い、請求に対する完全な責任を取ると誓約したと、サファ通信社に語った。

(中略)

 エジプト議員、Mustafa Awadallahとしては、水曜日、ガザ発電所の産業燃料の費用の支払い止めるヨーロッパ組合の決定は、ガザ回廊に、イスラエルの要求に従うよう強制する、パレスチナ政府に対するさもしい圧力であると、語った。

 Awadallahはまた、ガザに何も提供せずに、電気をイスラエルに供給するエジプトを激しく糾弾した。

全文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:オベイド:ガザ電力が木曜日で完全停止(01月27日)

 記事を読むほど、ガザの電力供給がなくなる責任の所在はどこにあるのか判らなくなる。もちろん一義的にはイスラエルの占領、そして、パレスチナ自治政府、EUを含む小さな利害の凭れ合い。
 家庭用発電機からの出火で、ガザではひとが亡くなっている。


posted by mizya at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。