2010年01月30日

イスラエルのNGO弾圧は問題を招く

Seth Freedman
The Guardian
2010年01月25日

http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2010/jan/25/israel-visas-ngo-palestine

 NGOスタッフ活動へのイスラエル政府の制限は、包囲されたパレスチナ人により多くの苦難をもたらすだろう。

 先週は、被占領地域で、パレスチナ人への連帯のための仕事に対する、イスラエル政府の弾圧の最新の動きを見た。その領域で運営するNGO従事者に就労ヴィザを与える何10年かの政策を終わらせ、代えて、イスラエル当局は今や、NGO従事者に、彼らをエリアC(西岸の60%を占める)と東エルサレムのすべてを含む、イスラエル管轄下の領域で仕事することから妨げる、観光ヴィザを発行している。

(後略)

全文:Occupation Magazine

アーカイヴ:外国報道協会は活動家がパレスチナ自治政府内で仕事するためジャーナリストと見せかける(との主張)を否定(01月26日)


posted by mizya at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。