2010年01月31日

反-イスラエリスム:シオニズムがそれをせず得ることもできないわけ

アラン・ハート
2010年01月28日

 それは疑い得ない。世界中のより多くの人びと、恐らく多くの彼らの政府も、閉じられた扉の陰で、シオニスト国家イスラエルの実体を - 和平の障害であるばかりでなく、どうやら制御の範囲を超えた怪物だと看做し始めている;そして彼ら、至る所の、いわゆる普通の人びとは、反対に転じ始めている。

 それは、なぜネタニアフ首相が、世界に、イスラエルを悪鬼と描くのを止めるよう、シオニズムのヒステリックな要求を指揮しているのか説明する。

 ヤド・ヴァッシム・ホロコースト記念博物館で、1月25日、彼は語った:「世界に悪があり、止まらず、広まる。ユダヤ国家を破壊するという新たな要求がある。それは我々の問題だが、我々だけの問題ではない。これは(ネタニアフによれば、反ユダヤ主義の再現と増大)、ユダヤ人に対する犯罪であり、人道に対する犯罪であり、人間性のテストである」。

 それは、完全に、イスラエルがするすべて;戦争犯罪とすべて、を、何であれ正当化しようとするイデオロギーへの、人種差別とファシズムに対する学習とそれらに関連するすべての悪弊から、ナチ・ホロコーストの猥雑な変容で、最大以上にシオニズムを促進してきた、この男からの何かだった。

(後略)

全文:Dissident Voice


posted by mizya at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。