2010年02月05日

女兵士が沈黙を破る

最初の「沈黙を破る」証言収集から6年経って、組織は、地方(territories/この文脈では占領地のこと)で勤めた女兵士からの証言の小冊子を発行した。話は、パレスチナ人への系統的屈辱、無謀で残酷な暴力、窃盗、無実の人びとの殺害、および、もみ消しを含む。 ここに、証言のいくつかを少しだけ。

Amir Shilo
2010年01月29日

「女戦闘兵士は、より証明する必要がある... 他を痛めつける女兵士が、まじめな戦闘員だと... わたしが到着すると、そこにはもうひとり女がいた、彼女はそこにわたしより前から… 誰もが、彼女がどれほど強い印象を与えるか話して、というのも、少しも問題なくアラブ人を辱しめるので。それは指標だった。あなたは彼女を見なければならない、彼らを、彼女が辱しめる方法、彼女が平手打ちを喰わせる方法を、ワオ、彼女は本当に男に平手打ちを喰わせた。」

(本文翻訳省略:不整脈を起こしそうで)

全文:Ynet news.com


posted by mizya at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック