2010年02月07日

ノーマン・フィンケルシュタイン:ワーテルロー大学で

2010年01月20日

zdices

 面白い。ホロコーストに言及しながら涙ぐむ女子学生の質問に、ノーマン・フィンケルシュタインが「そら涙など、ぼくは尊重しない」と言うと、シオニスト聴衆からのブーイング。わたしがここにいたならすぐ拍手して彼のことばを支持するところ、会場の反シオニスト聴衆の拍手はやや遅れ気味。「最後まで話させて欲しい」と言っていたフィンケルシュタインはおさまらないブーイングに「黙れ」と一喝、ここでやっと反シオニスト聴衆の拍手。
 フィンケルシュタインに質問する列に、どうしてシオニストが並ぶのかしら、べそをかきながら。

アーカイヴ:『今回我々はいき過ぎた』(02月06日)


posted by mizya at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。