2010年02月08日

米国が国連でゴールドストーン報告を葬り去ると誓う

2010年02月07日日曜日
Saed Bannoura - IMEMC

 イスラエル情報筋は、土曜日、合衆国が、昨年ガザへのイスラエル戦争に関するリチャード・ゴールドストーン判事の報告を葬り去ると、イスラエル指導者に誓ったと報告した。情報筋は、イスラエル政府が、第三者委員会を形成することにより、ゴールドストーン報告に応じると誓ったとも付け加えた。

 国際連合は、まもなく報告を議論するための会合を設定するが、議論の日付は決まっていない。

 イスラエルの局情報筋は、イスラエルが「更なるいかなる協力」をも示さないし、また合衆国が、報告が安全保障理事会に届くのを許さないだろうと語った。

 先週、イスラエルは、ゴールドストーン報告に反撃し、それを葬り去らなければならないと明確にするため、イスラエルとアメリカの官僚間で行われた一連の会談で浮かれていた。

 イスラエルはまた、合衆国が、報告を葬り去る努力が失敗するなら、拒否権行使を躊躇しないだろうと語った。

(後略)

全文:International Middle East Media Center

関連記事:「国連はゴールドストーン調査結果をハーグに付託しそう」Haaretz.com

アーカイヴ:米国:ガザ封鎖緩和はゴールドストーン対抗に役立つ(02月06日)


posted by mizya at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック