2010年02月09日

第2回「地球規模BDS行動の日」に加わって!

2010年02月07日

 BDS全国委員会(BNC)は、みなさんに、パレスチナの人びとと、イスラエルに対する不買・脱資・制裁への連帯で、2010年3月30日の「地球規模BDS行動の日」のため、異なる立場と努力に連携するよう呼びかける。

 BNCは、この日を、抑圧者の責任と、パレスチナ人民の権利と尊厳の履行のため、イスラエルのアパルトヘイト・植民地主義・占領に反対する運動の歴史的ステップとするため、地球上の良心の人びととその組織に、創造的で具体的、目に見えるBDS行動に結集するよう呼びかける。

 BNCが、みなさんに要請する3月30日のBDS行動の焦点は:

1. イスラエルとイスラエルのアパルトヘイト・植民地主義・占領を支える国際的企業からの不買と資本引き上げ;

2. イスラエルの戦争犯罪容疑者の調査と、国内裁判所や国際法廷への告訴を含む、イスラエルの刑罰免除終了に向けた法的行動をとる;

3. イスラエルに対する十分な制裁に向けた重要で緊急のステップとして、自由貿易や他の優先協定の凍結あるいは取り消しと同様、イスラエルに対する兵器通商停止を実施する圧力の促進と適用;

4. イスラエルとその共謀団体に対する、学術的・文化的、およびスポーツのボイコット運動への着手;

(後略)

全文:Stop the Wall

 おそらく前にも書いたかもしれない。このような外に向けた集団行動は、パレスチナ関連NGOのすべき仕事の重要なものと、わたしは考えている。個人では組織的に参加者を集めることは難しいし、どれほどの規模になるか想定もできないのに警察と道路使用の交渉はし難いから。だから決めたのだ、デモを実施した時だけ、主催NGOに寄付を送ると。つまり、デモも組織できないようなNGOに寄付はしないと。


posted by mizya at 16:43| Comment(0) | TrackBack(1) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

私たちはパレスチナにどうかかわるのか
Excerpt: 私たちはパレスチナにどうかかわるのか
Weblog: 今日、考えたこと
Tracked: 2010-03-01 07:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。