2010年02月09日

国連人権高等弁務官報告(/HRC/13/68):イスラエル検問所で出産するパレスチナ妊婦の問題

出所:国連総会; 国連人権理事会
日付: 2010年01月21日

人権理事会

パレスチナと他の被占領アラブ領域の人権状況

1. 決定2/102で、人権理事会は、事務総長と国連人権高等弁務官に、「国連人権委員会により採択された先立つすべての決定に従うその活動の実践と、関連する報告と研究の最新化を続けるよう」要請した。2005/7の決議で、国連人権委員会は、高等弁務官に「イスラエルによる病院へのアクセス拒絶で、イスラエル検問所で出産するパレスチナ妊婦の問題」について報告するよう要請した。

(後略:国連の文書は翻訳の意欲をかき立てなくて)

全文:ReliefWeb

アーカイヴ:イスラエル:女囚虐待で非難(2009年07月16日)


posted by mizya at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック