2010年02月11日

イスラエルがNGOの労働ヴィザを拒否

AlJazeeraEnglish
2010年02月09日

 イスラエル内務省は、国際的非政府組織で働く外国人への労働許可発行を止めた。

 ここ数週間で、NGOスタッフは代わりに、彼らが仕事をするのを事実上不可能にする観光ヴィザを与えられた。
 新たなイスラエル政策は、きわめて重要な、西岸とガザのパレスチナ人への開発・人道支援を提供する多く、120の国際NGOに影響する。

 多くのNGOメンバーが、国は、ヴィザを発行し、彼らが自由に仕事できるよう、ジュネーヴと人道法の義務を負う故、イスラエルの行為は違法と語ってきた。

 アルジャジーラのSherine Tadrosがエルサレムから報告する。

AlJazeeraEnglish

追記:Inside Story - 被占領地での支援組織の将来

AlJazeeraEnglish

アーカイヴ:イスラエルのNGO弾圧は問題を招く(01月30日)


posted by mizya at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。