2010年02月19日

イスラエルがパレスチナ人の生活を非常に困難なものにしているとICRC(国際赤十字社)

2010年02月17日水曜日

_47318595_wb1702_sheep_226_getty.jpg
イスラエル軍が多くのパレスチナ人の土地へのアクセスをコントロールする

イスラエルの制限が、多くの西岸パレスチナ人の通常の生活を「殆ど不可能」にしていると赤十字国際委員会は語った。

 50%が貧困の中で生活する一方、パレスチナ人の中には、しばしば、病院に到達したり、親類を訪問したりできない者がいるとも語った。
 彼らはまた、頻繁にユダヤ人入植者らによる嫌がらせを受けると、組織は語った。

 イスラエル外務省報道官は、ICRCが、パレスチナ自治政府の西岸住民が「通常の生活」を営むとの声明を無視したと語った。

 経済が、なにがしかの成長の兆候を示すとは言え、ICRC声明は、イスラエル入植地に関連する制限が、多くのパレスチナ人農夫たちから土地を奪ったと述べた。

(後略)

全文:BBC News


posted by mizya at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック