2010年02月20日

イギリス:パスポート詐取は非常にゆゆしき問題

ロンドンとダブリンは、ユダヤ人国家を指差し、ドバイでのハマース・メンバー古参の暗殺者による盗まれたアイデンティティの使用に怒りを表明した。イギリスとアイルランドのイスラエルの大使らは、明確化のため、それぞれの国の外務大臣に召喚された

Roni Sofer
2010年02月17日

 ハマースメンバー古参、Mahmoud al-Mabhouhの暗殺は、国際的外交問題に変わっている。イギリスとアイルランドのイスラエル大使は、ドバイでの偽造パスポート使用について説明するため、これらの国の外務省に召喚された。エルサレムの(つまりイスラエル)外務省は、そのような要請は知らないと語った。

(中略)

「イギリスのパスポート詐取は、非常にゆゆしき問題だ」とイギリス外務省は声明で述べた。「政府は、身分詐称からイギリス国民を保護するために必要なすべての行動をとり続けるだろう。 政府は、この特定のケースに関連する継続する活動の多くの要素に関わる。

(中略)

 ダブリンの外交筋は、アイルランド首都のイスラエル大使もまた、質問のため召喚されるだろうと、Ynetに語った。アイルランド外務大臣、マイケル・マーチンは、ドバイでの偽造アイルランドパスポート使用の報告に関する詳細な情報が、アラブ首長国連邦当局からもたらされたと発表した。 彼は、新情報が、使用されたパスポートが詐取されたと確認するものと語った。

(中略)

 イスラエルは、オーストリアでもまた苦難に陥っているように見える。 ウィーンの内務省は、Mabhouhの殺人者らにより、プリペイドのオーストリアのチップを組み込んだ少なくとも7つの携帯電話の疑われる使用で、調査に着手したと語った。

 ドバイ警察の調査は、細胞メンバー(まあ、犯行グループ)が、彼らの滞在中、到着前も発った後も同様に、直接連絡をとらなかったと明かした。しかしながら彼らは、ドバイ警察により「暗殺者本部」と呼ばれた、オーストリアのコミュニケーション・センターにダイヤルすることにより、互いと話した。

(後略)

全文:Ynet news.com

関連記事:「フランスがイスラエルにドバイ・パスポート事件の説明を要請」Yahoo! news


posted by mizya at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。